Topスクリーンの選び方 > 企業会議室(小・中会議室)

小・中会議室


オフィスの会議室、広さで10名~20名程度の小・中会議室においてスクリーンを使用する場合の選定方法をご紹介します。
いくつかのポイントがありますが、押さえておきたいことは、「サイズ」「生地」「スクリーンタイプ」「防炎品」などがあります。この他にも細かい点はありますが、スクリーンを選定するうえで、これらのポイントは必ずチェックしましょう。
それではひとつずつ見てみましょう

スクリーンのサイズについて

スクリーンの高さに注意が必要です。
一般的なオフィスの天井高さは2500mm~2800mm
です。天井高さとレイアウトを考慮した場合100インチ~120インチのスクリーンがおすすめです。部屋のサイズを考慮しながら、100~120インチをベースに検討しましょう。

生地について

スクリーンの生地には反射特性のよりいくつか種類があります。大きく分けて4つの種類があり、特長ごとに分類され、スクリーンの反射特性と言います。 広階調型、拡散型、回帰型、反射型ですが、主にプレゼンや会議で使用する際は、拡散型の特性のスクリーンを選択しましょう。
拡散型のスクリーンは視野角が広く、中央の視聴者、端の視聴者とも同じような映像を見ることができます。

下のイラストが拡散型のスクリーンです。
プロジェクターからの光がお椀のように反射しています。拡散型といわれる通り、入射光に対して拡散して反射します。このため、視野角が広くなります。

ホームシアターでは広階調型や拡散型、回帰型など、視聴者のお好みに合わせて選ばれますが、企業会議室のようなビジネス用途では拡散型をベースに検討しましょう。こだわりがなければ拡散型の1択です。

生地の防炎品について


不特定多数の人が出入りできる場所ではカーテン・絨毯等は「防炎物品」の仕様が義務付けられています。
不特定多数の人の出入りできる場所とは、例えば、高層建築物、地下街、学校、病院、工場、事業所、劇場、映画館、カフェ、遊技場、飲食店、百貨店、ホテル等(ほかにもいろいろとありますが)、我々の生活している身近なところのほとんどが該当しているように思います。
スクリーン製品もそれに該当します。スクリーンが使用されるケースは不特定多数の人が出入りできる場所がほとんどです。
ビジネス用途でご使用される常設タイプのスクリーンは防炎品であるかどうか必ずチェックしましょう。壁や天井に設置する巻上式スクリーンや、張込スクリーンなど、常設するスクリーンが対象となります。設置した後に防炎品でないことが発覚すると、取り外しや買い替えなど面倒なことは容易に想像つきます。

本ページでおすすめとして紹介しておりますスクリーン生地はすべて防炎品です。安心してご利用いただけます。

スクリーンのタイプについて

続いてスクリーンのタイプについてです。ここでいうタイプとは、スクリーンを使用するときの操作方法ということでご理解ください。。スクリーンには様々なタイプがあります。電動巻上式、手動巻上式、張込式、フロアスタンド式、掛け図式など、用途に合わせて選択ができます。

設置工事が不要なインストールレスのスクリーンと設置工事が必要な常設タイプのスクリーンをご紹介しましょう。

設置工事が不要なスクリーン

電動巻上式が多く採用されますが、設置には電力が必要です。電力がない場所(電気工事ができない、電気工事をしたくない)では手動巻上式や張込式、フロアスタンド式などが選択肢となります。
設置場所に合わせてスクリーンのタイプを選定するようにしましょう。複数のスクリーンを設置するケースもあります。

オフィスにスクリーン設置工事ができない場合には、簡単に設置できる「フロアスタンドタイプのスクリーン」が便利です。
フロアに置いて、下から引き上げるだけで、スクリーン面が完成します。

フロアスタンド式なら持ち運びも可能ですので、複数の会議室で持ち回りの運用が可能です。常設タイプでない利点を活かすことができます。

商品情報

下記のおすすめスクリーンの生地はすべて拡散型で視野角が広いスクリーンです。


フロアスタンドスクリーン SVS
商品詳細

フロアスタンドスクリーン MS
商品詳細

常設タイプのスクリーン

常設タイプのスクリーンでは拡散型の生地を採用し、後述しますが、防炎品である必要があります。電源の確保が可能か、使用頻度などを鑑みて、電動巻上式スクリーン若しくは手動巻上式スクリーンを選定しましょう。

商品情報

下記のおすすめスクリーンの生地はすべて拡散型で視野角が広いスクリーンです。


電動スクリーン SEG
商品詳細

電動スクリーン SEC
商品詳細

手動スクリーン SMC
商品詳細

超短焦点プロジェクター推奨スクリーン

昨今のプロジェクターのトレンドは超短焦点タイプです。極端に焦点距離が短いため、非常に使い勝手が良く、ビジネスシーンでも大活躍のプロジェクターです。標準レンズのプロジェクターでは、プレゼンターがスクリーンの前にたつことで、プロジェクターからの光を遮ることがありますが、超短焦点プロジェクターではそのようなことがありません。

しかし、超短焦点プロジェクターは超広角のレンズを使用していますので、スクリーンは超短焦点プロジェクターに対応するスクリーンを選定する必要があります。スクリーンのわずかな歪みが映像に大きく影響します。

下記の写真をみてください。どちらの写真も同じ超短焦点プロジェクターを使用していますが、左側は一般的な巻上式のスクリーンに投写、右側の写真は超短焦点プロジェクター推奨スクリーンに投写しています。


このように超短焦点プロジェクターを使用する場合はスクリーンの選定には注意しましょう。ゆがんだ映像でびっくりしないためにも!

商品情報

下記のスクリーンは超短焦点プロジェクターでも安心して使用できる超短焦点プロジェクター推奨スクリーンです。


電動スクリーン SEG
商品詳細

フロアスタンドスクリーン SVS
商品詳細

パーテーションにオススメ!マグネット式スクリーン

磁力が効くマグネットパーテーションや壁に貼り付けて利用できるスクリーンも非常に便利です。

使い方は簡単。スクリーン面を磁力が効く壁などに押し付けてクルクルと引き出します。軽量なため男女問わず使用できます。スクリーンを使用しない時は収納して持ち運びできます。

70インチ程度の大きさで、数名程度のミーティングにもぴったりです。


商品情報

お気軽にご相談ください

スクリーンやプロジェクターの選び方に自信がない、部屋のサイズや天井高等から最適な商品を知りたい、そのようなお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。 設置場所の図面などございましたらより詳細なご相談も可能です。無料にてサポートいたします。
ピックアップ
Pick up
  • <span>4K超短焦点プロジェクターお試し</span>人気の4K超短焦点プロジェクターが9800円でレンタル可能!お試し後は特別価格で購入できる特典付き!
  • <span>4K8K対応HDR適合スクリーン</span>広階調型特性を持つ第4の幕面「レイロドール」。HDR効果が享受できる唯一無二の存在を体感ください。
  • ご自宅、会社で使うスクリーンの選び方をご紹介
  • ビジネス・業務用プロジェクターの選び方をご紹介
  • プロジェクター、スクリーンをギフトでプレゼント
  • 短期間だけ使いたい時にレンタルサービスが便利
  • 人気の超短焦点プロジェクターをラインアップ
  • 見つけた時がチャンス!お買い得なアウトレット品
  • プロジェクターの下取サービスでお得に買い替えよう
  • シアターライフの情報充実!ホームシアターマガジン
  • <span>卒業記念の寄贈品名入れサービス</span>プロジェクター、スクリーンの名入れサービスを実施中。授業でも末永く使っていただける商品をぜひ!

お支払方法

お支払方法は下記の種類があります。
なお、レンタルサービスはクレジット決済がご利用いただけます。

■クレジットカード
クレジット決済はソフトバンクグループの「SBペイメントサービス株式会社」のサービスになります。SSL通信で安心してご利用いただけます。 ご利用いただけるクレジットカードは、
VISA/MasterCard/JCB/American Expressとなります。

クレジットカード支払手数料は無料となります。
尚、リボ払い・分割払い(3,5,6,10,12,15,18,20,24回)も可能です。
リボ払い・分割払いの手数料はお客様負担となります。

■Amazon pay
Amazonアカウントにログインいただき、Amazon pay決済ができます。

■PayPay
PayPayにログインいただき、PayPay決済ができます。

■銀行振込
ご注文後5日以内に、下記指定銀行口座へお振込みをお願いします。
(5日以内にお振込されません場合は、自動キャンセルとさせていただきます)

三菱UFJ銀行(0005)
玉出支店(071)
預金種別:当座預金
口座番号:0150449
口座名義:カ)オーエスプラスイー

※ ご注文者様と振込人名義が異なる場合はご連絡ください。
※ 振り込み手数料はお客様負担となります。
※ レンタルサービスはクレジット決済のみとなります。

送料について

全品送料無料
スクリーンの長物でもお客様に送料を気にせず、気軽にお買い求めいただけるように、全商品送料無料です。(沖縄県、離島、北海道を除く)
※ 沖縄県・離島等は、1注文につき3000円(税込)の送料が掛かります。
※ 商品により北海道も、1注文につき3000円(税込)の送料が掛かります。
※ 配送は日本国内に限らせていただきます。

尚、下記は送料無料の除外となります。
・当店でご購入頂いた商品の保証期間外の商品修理依頼時の往復送料

配送について

お届けは弊社提携の配送会社、ヤマト運輸(クロネコヤマト)もしくは西濃運輸になります。
ヤマト運輸では3辺(縦・横・高さ)の合計が160cm以上の場合配達が難しいため、スクリーン等の長物の場合、西濃運輸での発送となります。
配達会社のご指定はできません。予めご了承ください。

レンタルサービスについて

レンタルサービスについてはご利用方法が異なります。
詳しくは「レンタルサービス」をご覧ください。

キャンセル・返品・初期不良について

■お客様都合によるキャンセル(商品発送前)
ご注文から30分以内はキャンセルすることが可能です。速やかにご連絡ください。
尚、当店では、ご注文から30分以上過ぎた場合、お客様都合によるキャンセルは承っておりません。
あらかじめご了承ください。

■お客様都合による返品(返金)
当店ではお客様都合による返金は受け付けておりません。

■お客様都合による交換
当店ではお客様都合による交換は受け付けておりません。
サイズ間違えなどによる商品の交換も受け付けておりません。

■商品等の不具合による返金
当店では商品等の不具合による返金は受け付けておりません。
不具合の際は交換対応とさせていただきます。返金対応は行っておりません。

■商品等の不具合による交換について
初期不良・ご注文との商品違いがあった場合は、大変申し訳ございませんが商品到着後7日後以内にご連絡をお願い申し上げます。
その場合の返送料は当店が負担いたします。
商品到着後7日後以内にご連絡のない場合は、初期不良・ご注文との商品違いの対象外となります。

返品商品が当店到着し商品の状態を確認した後、交換品を送らせていただきます。
交換が不可能な場合は申し訳ありませんが、ご返金対応とさせていただきます。
カード会社/銀行各社の規定に基づき、返金処理を致します。
返品時には、該当商品お買い上げ時に取得されたポイントは無効とさせていただきます。
予めご理解ご了承ください。

※スクリーンなどを既に設置された後の返送は、お客様にてお取外しいただき梱包箱に入れて返送お願いいたします。
※返送の際には必ず当店より返送案内のご連絡をいたします。案内に沿ってご返送をお願いいたします。
※当店の連絡前に返送されました場合、弊店ではその一切の責任を負いかねます事を予めご了承ください。